当店はNランクのグランドセイコースーパーコピー安全なサイトを取扱っています。

少し前までは、このロレックスデイトジャスト36 126231が3万円台で購入できたのですが、今では6万円台に価格が上がってきています。楽天などで調べてみても昔のような価格で売っているお店はもうないようです。

ロレックスデイトジャスト36 126231

型番 126231
機械 自動巻き
材質名 ステンレス・ローズゴールド
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ダークロジウム
ケースサイズ 36.0mm
機能 デイト表示
2023年発表のニューモデル、ケース径36mmの「デイトジャスト36」。
こちらはロレックスが開発した長期間変色を起こさない「エバーローズゴールド」と904Lスチールのロレゾールモデル。
文字盤はダークロジウム/バーインデックスダイアルです。
ムーブメントには14件もの特許を取得し、新開発の脱進機のクロナジーエスケープメントを装備した上で70時間もロングパワーリザーブを確保した自社開発キャリバー3235を搭載します。
精度は通常のクロノメーター規格の基準の2倍に設定されているだけでなく、耐衝撃性や耐磁性にも優れています。

1601は大体1970年代あたりの物が多いので、状態の良い個体を探すとなるとその分お値段も上がってきます。

この時代のロレックスは36mmが主流で、ちょっと前まではこのサイズをあえて買うと言う選択肢はあまり無かった様に思えます。ただ最近はデカ厚時計ブームがひと段落し、ちょっと前にもエクスプローラーの36mmが出たりと、このサイズ感が見直されてきたように感じます。

しかも1601 の良いところはベゼルがしっかりと主張しているので、着けてもあまり小さく見えません。

兎にも角にも、ヴィンテージ物であるので、これから希少価値はどんどん上がって行き、良い個体も減ってくるはずです。またインバウンドが復活すれば、中国人の富裕層が日本に来てバンバン買って行ってしまうので、本当に欲しいと思っている方はまさに今が買い時ではないでしょうか。

少し昔中野ブロードウェイで中国人が、ロレックス GMTマスターII 116710BLNRをアイスを買うかのように何個も買い漁ってるのを見たのは記憶にまだ新しい…あの頃はまだ90万〜100万ぐらいで買えてましたね…でも今はこんな価格になってます。

【関連記事】:bibiコピー 買ってみた

コミット銀座から金子が魅力的な腕時計をご紹介致します!
本日はWEB掲載前に販売が決まってしまいました
SOLD OUT品のご紹介です!

人気限定♪ ロレックス スーパーコピー★スケルトンコンセプト ​が ロレックスデイトナ 116520の限定モデルをリリース

Home › SKELETON CONCEPT › ETO’O CONCEPT
【スペック】
ベースモデル:116520
直径:40mm
素材:904Lステンレススチール、カーボン
リューズ:ねじ込み式トリプルシールシステム
ガラス:サファイア
防水:100メートル
ムーブメント:4130 パーペチュアル、メカニカルクロノグラフ、自動巻き
ダイヤル:スケルトン
パワーリザーブ:約72時間

ケースとブレスレットは、主に航空宇宙、化学産業で使われている最高級のステンレススチール「904L」製です。それらは完全に手作業で磨かれ、サテンとマット仕上げが施され、モーターレースの輝かしい過去に活気に満ちた敬意を表しています。

ロレックス デイトナ クリームダイヤル
Ref.116520 Serial.P35(2000年頃製造)
Cal.4130 ハードブレス78490 クラスプコード DE7
付属品:箱・保証書(888:香港/2001年9月印)
SOLD OUT!!

P・K・Y・F番に存在する、クリームデイトナ。
以前は単なる焼け扱いのモデルでしたが、
ここ数年で格段に評価が上がったモデルでございます。

ご紹介の個体は最初期P番の濃厚クリームダイヤルでございました。

ダイヤルはP番の為、MK1になります。
MK1はDAYTONAロゴがやや横に広いビッグデイトナ表記が特徴ですね。

SWISS MADEの”W”の跳ねも個人的にMK1ダイヤルの
可愛らしいポイントだなと感じております。

この個体は強めにクリーム変化した濃厚クリームダイヤルになります。

何枚か撮り比べの写真を撮りましたので、
ご覧ください。

こちらは当店のストック品/P番のクリームダイヤル(左)
との撮り比べになります。

もちろん当店ストック品/P番も色はしっかり入っている
クリームダイヤルになります。

クリーム同士の撮り比べになりますので、少し分かりづらいかもしれませんが、
実際は今回ご紹介の個体(右)の方が明らかに色味が強めに入っておりました。

こちらは左から順に、

当店販売品のK番クリーム⇒ストック品のP番クリーム⇒SOLD OUT品のP35番クリーム
⇒16520の撮り比べ画像です。

クリーム3本は左から綺麗にグラデーションになっておりますね。

いつかクリームデイトナ/オフ会を開催して、
壮大なクリームグラデーションを作ってみたいものです(笑)

ほぼ同じ年代のモデルなのに、
このような個体差が出るから116520白文字/初期モデルは面白いですね。

この時代ならではのロレックスの魅力でございます。

最近は色味で値段差が明らかに出てきているモデルですが、
ダイヤルコンディションは重要です。

この個体はルーペで見ても、ナチュラルで非常に綺麗な状態でございました。

タグ・ホイヤーは、162年の歴史の中で初めて29mm径のパヴェダイヤモンドウォッチをコレクションに加えました。エキサイティングな人へのデザインを目指すブランドのコミットメントを示すものです。ローズゴールドとステンレススティールにダイヤモンドをパヴェセッティングした洗練されたデザインを纏うタイムピースの登場により、タグ・ホイヤーの最もエレガントな3針モデルが新たなラグジュアリーの高みに到達しました。

2023年 タグ・ホイヤー 偽物新作 カレラ クロノグラフ ジャック・ホイヤー バースデーリミテッドエディション CBN2041.FC8306

カレラ クロノグラフ ジャック・ホイヤー バースデーリミテッドエディション
Ref:CBN2041.FC8306
ケース径:42mm
ケース素材:18Kローズゴールド
防水性:100m(10気圧)
ストラップ:ブラックアリゲーター、18Kローズゴールド製ピンバックル
ムーブメント:自動巻き、Cal.ホイヤー02、約80時間パワーリザーブ、毎時28,800振動
仕様:時・分・秒表示、クロノグラフ、日付、シルバーオパーリンダイヤル、ブラックサンレイ仕上げのサブダイヤル、シースルーケースバック
限定:世界限定188本

今回の新しいタグ・ホイヤー カレラ デイトもまた、端正なライン、優れた視認性、時代を超えたエレガンスという、1963年に誕生したブランドのフラッグシップコレクション カレラの長年にわたる成功のもととなる特徴的なデザインコードを継承しています。シンプルなダイヤル、ファセット仕上げのラグ、H型ブレスレットは、このアイコニックなタイムピースの愛好家には馴染みが深いことでしょう。

この29mmの特別なモデルには、700個を超える合計3.9カラットの最高級ダイヤモンドがセッティングされています。タグ・ホイヤーのブティックにて数量限定販売、その後は受注生産にて販売します。

ラグに0.2カラットのダイヤモンドがセッティングされたケースはスティール製で60個のダイヤモンド(0.5カラット)がセッティングされた18Kローズゴールドの固定ベゼルを配しています。光を受けて煌めくマザー オブ パールのダイヤルには、11個のダイヤモンド(0.09カラット)がセッティングされたポリッシュ仕上げの18Kローズゴールド プレート インデックスと、6時位置にデイトウィンドウが設けられています。時針、分針、秒針は、ポリッシュ仕上げの18Kローズゴールド プレートを採用し、ダイヤルとの柔らかなコントラストにより視認性を高めています。

サファイアクリスタルを用いたねじ込み式のケースバックからは、ローズゴールド プレートのローターを備えた自動巻きムーブメント キャリバー9の動きを鑑賞することができます。

ブレスレットはステンレススティールと18Kローズゴールド製で、それぞれのリンクに合計3.12カラットのパヴェダイヤモンドがセッティングされ、ポリッシュ仕上げのスティール製フォールディングクラスプにはタグ・ホイヤーのシールドがあしらわれています。この洗練されたタイムピースは、大胆な輝きを放ち、個性を損なうことなくエレガンスを醸し出しています。

今年の秋ぐらいから、スピードマスタープロフェッショナルのムーンフェイズが上昇する傾向があります。

特に目立って上昇したのは、2000年デビュー世代の白文字盤と銀文字盤で、それぞれ4万円台、7万円台という価格帯に達している状態です。

2000年デビュー世代のムーンフェイズは、ベゼルがWGだったりブロードアロー針を採用するなど、“少し高級なモデル”というコンセプトで、ムーンウォッチとは異なる見た目となっています。

ただ、もともとのスピードマスタープロフェッショナルの『ムーンフェイズ』は、ムーンウォッチに近い見た目となっていたわけで、2003年に登場した3576.50は「ムーンウォッチ的なムーンフェイズ」に原点回帰したかのような存在であります。

3576.50は、1985年に登場した345.0809の復刻モデルともいえ、2000年デビュー世代のムーンフェイズとは、全く異なる魅力がある1本だといえます。

そして、この3576.50もまた、近頃上昇している様子があり、現在水準は約5万円に達しているのです。

オメガ スピードマスター スーパーコピー3576.50 プロフェッショナル ムーンフェイズ ブラック

型番 3576.50
商品名 スピードマスター プロフェッショナル ムーンフェイズ
文字盤 ブラック
材質 SS
ムーブメント 手巻き
タイプ レディース
サイズ 42
付属品 ギャランティ(国際保証書)、純正箱 内箱、外箱
商品番号 om0040

この3576.50は、2017年まで約3万円という水準でしたが、2019年に急上昇。その際、約4万円に達していました。

その後、2020年に下落し、約3.8万円となったものの、2022年現在水準は約5万円に変化。

2000年デビュー世代のムーンフェイズに全く引けを取らない値動きとなっている様子があります。

SKX007は生産中止になってしまったが、議論する価値のあるものはいくらでもある。

私はダイビングをしないが、セイコーのダイバーズウォッチを所有している。5年ほど前に購入したときは200ドルほどだった。それが何なのか、説明する必要はないだろう。ご存じのとおり、セイコーのSKX007だ。この時計は、多くの人のコレクションに欠かせないものであることが証明されている。私は弟の誕生日に買ってあげた。彼は素晴らしい時計をいくつか持っているが、そのなかでもSKXをほかのどの時計よりも多くつけている。セイコーのダイバーズだ。セイコーのダイバーズウォッチは、実用的でスポーティ、そしてその価格帯から、あまり気にすることなくガシガシ使えるのが魅力だ。

セイコー プロスペックス マリーンマスター 国産ダイバーズ50周年 700本 SBDX016 8L35-00J0

カテゴリ セイコー プロスペックス 正規品(新品)
型番 SBDX016 8L35-00J0
機械 自動巻き
材質名 チタン・セラミック
ブレス・ストラップ ストラップ
タイプ メンズ
カラー ブラウン
外装特徴 回転ベゼル
ケースサイズ 53.5×52.4mm
機能 デイト表示
1965年に国産初のダイバーウォッチを発売した歴史を持つSEIKOのプロフェッショナルダイバーウォッチ「マリーンマスター」。
こちらは国産ダイバーズウォッチ誕生50周年を記念した世界700本限定モデルです。
純チタンとセラミックスサーメットで作られたワンピース構造のケースで、1,000mの飽和潜水用防水を確保しています。
残光時間が従来品よりも60%も向上したルミブライトの採用や、トリプルセーフティー回転ベゼル、耐久性の高いシリコンバンドなど、SEIKOの持つ独自技術がふんだんに盛り込まれた一本です。

チームのなかでこの時計に愛着を持っていない人を見つけるのは難しいだろう。ジェームス・ステイシー(James Stacey)は、この時計をロレックスとオメガと一緒に並べて、先日のThree on Three企画で対決させた。私は最後まで自分の時計を弁護したが、SKXはそのトリオの一角を占めていた。

残念ながら、その時計はもうない。ISO認定のバリューキングは数年前に別れを告げたのだ。今はもう生産されていないが、20年以上にわたる生産実績が、セイコーのダイバーズウォッチのラインナップを長年にわたって拡大することにつながったことがわかる。セイコーのダイバーズウォッチの原点である62MASやRef.6105の系譜から生まれた時計で、62MASと6105は、ふたつのテイストを持つダイバーズウォッチだ。ひとつはスクリーンに登場し、アイコンとしての地位を確立したモデル。映画『地獄の黙示録(原題:Apocalypse Now)』でマーティン・シーンが着用した6105の“ウィラード”だ。62MASは、60年代半ばに発表されたコレクターコミュニティの定番だ。パテックやランゲなどのコレクションでも、このヴィンテージのような例が見られる。

これらのヴィンテージ(およびネオヴィンテージ)ダイバーは、発売当初は比較的安価だったが、現在その価値は高くなった。とはいえ、ほかのヴィンテージウォッチの価格高騰に比べれば、まだ手の届く範囲にある。セイコーは長年にわたり、真のツールウォッチを作ることに長けてきた。62MASから6105、そしてSKXへと続くダイバーズウォッチの系譜は終わったかもしれないが、最近のセイコーのコレクションには、そのテーマがより大きなスケールで受け継がれていることが目に見えてわかる。

ロレックス初の“ラバーベルトモデル”として2015年にデビューしたヨットマスターの116655。

意外性があるモデルだけに、デビュー年の新品実勢価格は約250万円と高く、当時のK18ブレスレット(中古相場)よりもだいぶ高値という水準に位置していました。

ただ、そういった価格帯では割高感があったといえ、実際デビュー翌年の新品実勢価格は200万円程度にまで落ち着いていたわけです。

そのようなことがあってか、この116655の中古相場は2019年頃まで“あまり変化しない”という傾向が続いており、長らく2015年水準が最も高値という状態となっていました。

そんな116655ですが、2020年からは打って変わって値動きするように変化。2020年8月の中古相場が297万円というように、その時点で、2015年水準よりも高値という中古相場にもなっていました。

そして、116655はその後も上昇が続き、今年2月には約459万円にまで到達しています。

しかし今、116655は、他のモデル同様値下がりしている状態。現在水準は、398万円という様子です。

ロレックス ヨットマスター(Yacht-Master)116655

■ 商品コード :rx755
■ 品名 : ヨットマスター Yacht-Master
■ 型番 :Ref.116655■ 素材(ケース) :18Kエバーローズゴールド
■ 素材(ベルト) :ラバー
■ ダイアルカラー :ブラック■ ムーブメント / No :自動巻き / Cal.3135■ 製造年 :
■ 防水性能 :100m防水
■ サイズ :40 mm(リューズ除く)__ / メンズサイズ
■ ガラス :サファイヤクリスタル風防■ 仕様 :回転ベゼル / 3針
■ 付属品 :ロレックス純正箱付・国際保証書付■ 保証 :当店オリジナル保証3年間付
■ 備考 :2015年新作 18Kエバーローズゴールド製セラミック製ベゼル

116655は、この9ヶ月間で61万円ほどの値下がりとなっているわけですが、約86%という残価率を見ると、他のロレックスよりも値下がりしていないという状態であります。

2019年頃までの116655のキャラクターからすると、今回のように「上昇⇒下落」となった場合、その残価率はオーバーシーズ並(2月から現在までにかけて60%や70%台といった数値)となっていても不思議でないわけですが、そこまでの下落をしていない状態というのは個人的に意外だと思いました。

カレンダー
2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー