トレンドを牽引する若者たちの間で流行っているファッション系統を深掘りします。

グランドセイコースーパーコピー 時計20周年記念限定モデルを発売。それに合わせて新開発ムーヴメントを搭載した新作3種も発売される。

1.グランドセイコー スーパーコピー キャリバー9S 20周年記念限定モデル SBGR311

限定のダイヤルカラーにオリジナルパターンを組み合わせた径大サイズの9Sメカニカルモデル
グランドセイコー スーパーコピーの機械式時計を手がける岩手県雫石町。この地に根付く、炎によって鉄を活かす「鍛冶」の伝統をイメージした、当モデル限定のブラウンカラーが目を引く9Sメカニカルモデルです。
ダイヤルデザインはこれまで歩んできた歴史を未来へと繋ぐグランドセイコー スーパーコピーのスピリットを造形化した9Sメカニカル20周年記念オリジナルパターンで、グランドセイコー スーパーコピーの「G」「S」と、グランドセイコー スーパーコピー初の10振動モデル「45GS」を生み出した第二精工舎の「S」マークの3種を規則的に配置しています。
存在感ある42mmのケースに、利便性の高いカレンダー機能を備えた自動巻メカニカルの径大ムーブメント「キャリバー9S68」を搭載しています。
大きめのサイズでありながら、かん先が内側に絞り込まれ、すっきりとしたフォルムにまとまっているため、高い視認性と存在感を確保しつつ、腕にしっくりと馴染むデザインに仕上がっています。
裏ぶたには金色にかたどった獅子の紋章が輝く特別仕様で、「Caliber 9S 20th Anniversary Since 1998 Limited Edition」の文字とともに0001/1300~1300/1300のシリアルナンバーが刻み込まれています。

2.グランドセイコー スーパーコピー キャリバー9S 20周年記念限定モデル SBGH267

ブランドカラーであるグランドセイコー スーパーコピーブルーのダイヤルに、ゴールドのGSロゴと秒針が映えるメカニカルハイビート36000です。
シースルーバックの裏ぶたからは、獅子の紋章とアニバーサリータイトルがゴールドカラーで刻まれた青色のチタン製陽極酸化回転錘をご覧いただけます。
80本の曲線が紡ぎ出す放射螺旋模様のダイヤルデザインは、これまで歩んできた歴史を未来へと繋ぐグランドセイコー スーパーコピーのスピリットを造形化した9Sメカニカルの20周年記念限定モデルに採用したオリジナルパターンで、グランドセイコー スーパーコピーの「G」「S」と、初の10振動モデル「45GS」を生み出した第二精工舎の「S」マークの3種を規則的に配置しています。
グランドセイコー スーパーコピーが誇るザラツ研磨の技術を駆使したタイトな稜線と歪みのない鏡面が呼応し、美しい立体構造を特長とするグランドセイコー スーパーコピーらしさに、滑らかな曲線を加えた優しいフォルムに仕上がっています。

3.グランドセイコー スーパーコピー Spring Drive 20周年記念限定モデル SBGC231

モデル名 :Spring Drive 20周年記念限定モデル
Ref. :SBGC231
ムーブメント :キャリバー 9R96
自動巻スプリングドライブ
特別精度調整
ケース素材 :ブライトチタン
文字盤 :「若獅子のたてがみ」を表現した有機的な型打ち模様
ケース径 :44.5 mm
防水 :20気圧

絶対に好きになれないと思っていたスーパーコピー 時計が、なぜ、過去と未来が交差する時計づくりの私的な尺度となったのか?

数年前、私は当時付き合っていたガールフレンドを引きずってフィリップスのオークションプレビューに参加した。お決まりのレアな時計、それよりは珍しくないが、私にとっては初めてとなる愉快でレアなレインボーデイトナなどを見ながらぶらぶら歩いていたが、私はより珍しい時計がたくさん並んでいるケースの前で立ち止まった。

2023年 A.ランゲ&ゾーネ新作 トゥールボグラフ・パーペチュアル・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ”706.050FE

トゥールボグラフ・パーペチュアル・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ”
Ref:706.050FE
ケース径:43.0mm
ケース厚:16.6mm
ケース素材:18Kハニーゴールド®
ストラップ:手縫いのダークブラウンレザー、18Kハニーゴールド®製フォールディングバックル
ムーブメント:手巻き、Cal.L133.1(ランゲ自社製)、36時間パワーリザーブ(完全巻上げ状態)、毎時21,600振動、52石(うち2石はダイヤモンド受け石)
仕様:時・分表示、トゥールビヨン、ラトラパント機能付きクロノグラフ、日付・曜日・月およびうるう年表示付き永久カレンダー、ムーンフェイズ表示、サファイアクリスタル風防(モース硬度9)、ブラックロディウム仕上げの18Kハニーゴールド®製ダイアル、レリーフ彫りの数字および目盛り
限定:世界限定50本

「ほら、これ。A.ランゲ&ゾーネのツァイトヴェルクだけど、本当に気に入らないんだ」と言い、私はこの時計の歴史、ドレスデンのゼンパー・オーパー(オペラハウス)の時計について、そしてこの時計の存在と特異な美学にまつわるすべての根拠を説明した。私の反応は、2009年にこの時計が発売されたときの一般の人々と同じだった。ランゲのような伝統的なブランドとしてはもちろん、どんなブランドにとっても珍しい時計であり、世界的な不況のなかで豪華さを誇示するものだったのだ。それから数年後、我慢強い元カノの目は明らかに疑っていたものの(私は気づかなかったが)、私は伝統的な時計を偏愛するあまり、「あの時計が好きになるとは考えられない」とだけ言ったのである。

数年経って賢くなった私は、特にツァイトヴェルクを含め、かなり多くのことについて認識が間違っていたことに気がついた。

ブライトリングは1940年代にクロノマットシリーズで、その後1950年代には今や象徴的な存在となっているナビタイマーで空を制した。そしてナビタイマーの発表と並行し、ブライトリングはもうひとつの大きなテーマである“海”に飛び込んだのだ。1950年代にはさまざまな時計メーカーがダイバーズウォッチ市場に参入し、急激な盛り上がりを見せ始めた。もちろん、それにはロレックス サブマリーナー、オメガ シーマスター、ブランパン フィフティ ファゾムス、ジャガー・ルクルト ディープシー アラームなどのビッグネームが含まれる。また、EPSA(エルヴィン・ピケレス S.A.)社が開発した防水ケースの改良により、エニカなど多くの中小時計メーカーがその恩恵を受けるようになった。この波に乗り、ブライトリングは1957年に初のオフィシャルダイバーズウォッチ、スーパーオーシャン(クロノグラフのRef.807と時間表示のみのRef.1004)を製造した。

ブライトリング スーパーオーシャン オートマチック48 V17369161C1S1

陸・海・空、あらゆる冒険のパートナーを務めるブライトリング。
こちらの【スーパーオーシャン オートマチック48】は迫力の直径48mmのブラック・チタンケース(DLCコーティングを施したチタン)に耐久性に優れたブルーセラミックベゼルを合わせた、プロフェッショナルダイバーウォッチです。
軟鉄製インナーケースを採用することでムーブメントを磁界の影響から守り、また9時位置のケースサイドに設けたロック機構によりベゼルの誤作動を防ぎます。
視認性を高めるためにルミノバ夜光を塗布したインデックスは大きく、針は太く、秒針先端の三角部分にはオレンジのペイントが施されています。

スーパーオーシャンの魅力は、200m /600ft防水の本格的なダイバーズウォッチであることにとどまらない。同モデルは、当時の市場に溢れ始めたほかのダイバーズウォッチと一線を画する鋭いデザインセンスを誇っていた。クールでありながら、同時に機能的。大げさなインデックスや針などのデザインからは、どこかユーモラスさも感じられるようだ。夜光は水中での視認性を高めるだけでなく、大振りなインデックス上に配することで、黒い文字盤のなかでその存在感を際立てている。

今日紹介するRef.2005は1964年に発表されたもので、先代のRef.807の自動巻きバージョンとなる。42mm前後のSS製ケースに収められた、大きくも大胆なモデルだ。黒と白を基調とした印象的なデザインと、クリームカラーに変色したパティーナが、遠くからも目を引く。最も興味深いのは“スローモーション”クロノグラフ針だ。パッと見ただけでは、先端に大きな四角い夜光を持つ普通のクロノグラフ針にしか思えない。しかし、ひとたびクロノグラフをスタートさせると、すぐに何かがおかしいことに気がつくだろう。実はこの針、60秒ではなく60分で1周する“スロー”クロノグラフ針なのである。これにより、ダイバーは水中での経過時間を簡単に読み取ることができる。しかし、この一見素晴らしいアイデアには注意点もあった。動きがゆっくりであるため、クロノグラフ針が動いているかどうかを判断しにくかったのだ。この問題を解決するべく、ブライトリングは6時位置に窓を追加した。黄色の丸印はクロノグラフが作動中、黄色の半丸印はクロノグラフが一時停止中、黒色の丸印はクロノグラフが解除されていることを意味する。

この時計が水中で最高のパフォーマンスを発揮できるように設計され、何度もテストされたうえで、本格的なダイバーズウォッチとして発売されたことは間違いない。しかし、私がこの時計でいちばん気に入っているのは、頑丈なツールウォッチとされつつも、同時にエレガントで文句のつけようがない魅力を放っている点だ。探検にでも出かけるように、私たちは常に万全の準備を心がけたいもの(あるいはそうすべき)だが、そのときこの時計を巻かない理由はないだろう。このブライトリングは、ここで手に入れよう。

少し前までは、このロレックスデイトジャスト36 126231が3万円台で購入できたのですが、今では6万円台に価格が上がってきています。楽天などで調べてみても昔のような価格で売っているお店はもうないようです。

ロレックスデイトジャスト36 126231

型番 126231
機械 自動巻き
材質名 ステンレス・ローズゴールド
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ダークロジウム
ケースサイズ 36.0mm
機能 デイト表示
2023年発表のニューモデル、ケース径36mmの「デイトジャスト36」。
こちらはロレックスが開発した長期間変色を起こさない「エバーローズゴールド」と904Lスチールのロレゾールモデル。
文字盤はダークロジウム/バーインデックスダイアルです。
ムーブメントには14件もの特許を取得し、新開発の脱進機のクロナジーエスケープメントを装備した上で70時間もロングパワーリザーブを確保した自社開発キャリバー3235を搭載します。
精度は通常のクロノメーター規格の基準の2倍に設定されているだけでなく、耐衝撃性や耐磁性にも優れています。

1601は大体1970年代あたりの物が多いので、状態の良い個体を探すとなるとその分お値段も上がってきます。

この時代のロレックスは36mmが主流で、ちょっと前まではこのサイズをあえて買うと言う選択肢はあまり無かった様に思えます。ただ最近はデカ厚時計ブームがひと段落し、ちょっと前にもエクスプローラーの36mmが出たりと、このサイズ感が見直されてきたように感じます。

しかも1601 の良いところはベゼルがしっかりと主張しているので、着けてもあまり小さく見えません。

兎にも角にも、ヴィンテージ物であるので、これから希少価値はどんどん上がって行き、良い個体も減ってくるはずです。またインバウンドが復活すれば、中国人の富裕層が日本に来てバンバン買って行ってしまうので、本当に欲しいと思っている方はまさに今が買い時ではないでしょうか。

少し昔中野ブロードウェイで中国人が、ロレックス GMTマスターII 116710BLNRをアイスを買うかのように何個も買い漁ってるのを見たのは記憶にまだ新しい…あの頃はまだ90万〜100万ぐらいで買えてましたね…でも今はこんな価格になってます。

【関連記事】:bibiコピー 買ってみた

2024若者のファッショントレンド
クロムハーツ コピー
ルイヴィトン スーパーコピー
dior iphoneケース コピー
iphoneケース ブランド コピー

ビリー・アイリッシュが推薦する、2024年に若者に流行るファッションアイテム。
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2023年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
タグ