トレンドを牽引する若者たちの間で流行っているファッション系統を深掘りします。

韓国 スーパーコピー東大門おすすめ優良サイト店。

今年の秋ぐらいから、スピードマスタープロフェッショナルのムーンフェイズが上昇する傾向があります。

特に目立って上昇したのは、2000年デビュー世代の白文字盤と銀文字盤で、それぞれ4万円台、7万円台という価格帯に達している状態です。

2000年デビュー世代のムーンフェイズは、ベゼルがWGだったりブロードアロー針を採用するなど、“少し高級なモデル”というコンセプトで、ムーンウォッチとは異なる見た目となっています。

ただ、もともとのスピードマスタープロフェッショナルの『ムーンフェイズ』は、ムーンウォッチに近い見た目となっていたわけで、2003年に登場した3576.50は「ムーンウォッチ的なムーンフェイズ」に原点回帰したかのような存在であります。

3576.50は、1985年に登場した345.0809の復刻モデルともいえ、2000年デビュー世代のムーンフェイズとは、全く異なる魅力がある1本だといえます。

そして、この3576.50もまた、近頃上昇している様子があり、現在水準は約5万円に達しているのです。

オメガ スピードマスター スーパーコピー3576.50 プロフェッショナル ムーンフェイズ ブラック

型番 3576.50
商品名 スピードマスター プロフェッショナル ムーンフェイズ
文字盤 ブラック
材質 SS
ムーブメント 手巻き
タイプ レディース
サイズ 42
付属品 ギャランティ(国際保証書)、純正箱 内箱、外箱
商品番号 om0040

この3576.50は、2017年まで約3万円という水準でしたが、2019年に急上昇。その際、約4万円に達していました。

その後、2020年に下落し、約3.8万円となったものの、2022年現在水準は約5万円に変化。

2000年デビュー世代のムーンフェイズに全く引けを取らない値動きとなっている様子があります。

SKX007は生産中止になってしまったが、議論する価値のあるものはいくらでもある。

私はダイビングをしないが、セイコーのダイバーズウォッチを所有している。5年ほど前に購入したときは200ドルほどだった。それが何なのか、説明する必要はないだろう。ご存じのとおり、セイコーのSKX007だ。この時計は、多くの人のコレクションに欠かせないものであることが証明されている。私は弟の誕生日に買ってあげた。彼は素晴らしい時計をいくつか持っているが、そのなかでもSKXをほかのどの時計よりも多くつけている。セイコーのダイバーズだ。セイコーのダイバーズウォッチは、実用的でスポーティ、そしてその価格帯から、あまり気にすることなくガシガシ使えるのが魅力だ。

セイコー プロスペックス マリーンマスター 国産ダイバーズ50周年 700本 SBDX016 8L35-00J0

カテゴリ セイコー プロスペックス 正規品(新品)
型番 SBDX016 8L35-00J0
機械 自動巻き
材質名 チタン・セラミック
ブレス・ストラップ ストラップ
タイプ メンズ
カラー ブラウン
外装特徴 回転ベゼル
ケースサイズ 53.5×52.4mm
機能 デイト表示
1965年に国産初のダイバーウォッチを発売した歴史を持つSEIKOのプロフェッショナルダイバーウォッチ「マリーンマスター」。
こちらは国産ダイバーズウォッチ誕生50周年を記念した世界700本限定モデルです。
純チタンとセラミックスサーメットで作られたワンピース構造のケースで、1,000mの飽和潜水用防水を確保しています。
残光時間が従来品よりも60%も向上したルミブライトの採用や、トリプルセーフティー回転ベゼル、耐久性の高いシリコンバンドなど、SEIKOの持つ独自技術がふんだんに盛り込まれた一本です。

チームのなかでこの時計に愛着を持っていない人を見つけるのは難しいだろう。ジェームス・ステイシー(James Stacey)は、この時計をロレックスとオメガと一緒に並べて、先日のThree on Three企画で対決させた。私は最後まで自分の時計を弁護したが、SKXはそのトリオの一角を占めていた。

残念ながら、その時計はもうない。ISO認定のバリューキングは数年前に別れを告げたのだ。今はもう生産されていないが、20年以上にわたる生産実績が、セイコーのダイバーズウォッチのラインナップを長年にわたって拡大することにつながったことがわかる。セイコーのダイバーズウォッチの原点である62MASやRef.6105の系譜から生まれた時計で、62MASと6105は、ふたつのテイストを持つダイバーズウォッチだ。ひとつはスクリーンに登場し、アイコンとしての地位を確立したモデル。映画『地獄の黙示録(原題:Apocalypse Now)』でマーティン・シーンが着用した6105の“ウィラード”だ。62MASは、60年代半ばに発表されたコレクターコミュニティの定番だ。パテックやランゲなどのコレクションでも、このヴィンテージのような例が見られる。

これらのヴィンテージ(およびネオヴィンテージ)ダイバーは、発売当初は比較的安価だったが、現在その価値は高くなった。とはいえ、ほかのヴィンテージウォッチの価格高騰に比べれば、まだ手の届く範囲にある。セイコーは長年にわたり、真のツールウォッチを作ることに長けてきた。62MASから6105、そしてSKXへと続くダイバーズウォッチの系譜は終わったかもしれないが、最近のセイコーのコレクションには、そのテーマがより大きなスケールで受け継がれていることが目に見えてわかる。

ロレックス初の“ラバーベルトモデル”として2015年にデビューしたヨットマスターの116655。

意外性があるモデルだけに、デビュー年の新品実勢価格は約250万円と高く、当時のK18ブレスレット(中古相場)よりもだいぶ高値という水準に位置していました。

ただ、そういった価格帯では割高感があったといえ、実際デビュー翌年の新品実勢価格は200万円程度にまで落ち着いていたわけです。

そのようなことがあってか、この116655の中古相場は2019年頃まで“あまり変化しない”という傾向が続いており、長らく2015年水準が最も高値という状態となっていました。

そんな116655ですが、2020年からは打って変わって値動きするように変化。2020年8月の中古相場が297万円というように、その時点で、2015年水準よりも高値という中古相場にもなっていました。

そして、116655はその後も上昇が続き、今年2月には約459万円にまで到達しています。

しかし今、116655は、他のモデル同様値下がりしている状態。現在水準は、398万円という様子です。

ロレックス ヨットマスター(Yacht-Master)116655

■ 商品コード :rx755
■ 品名 : ヨットマスター Yacht-Master
■ 型番 :Ref.116655■ 素材(ケース) :18Kエバーローズゴールド
■ 素材(ベルト) :ラバー
■ ダイアルカラー :ブラック■ ムーブメント / No :自動巻き / Cal.3135■ 製造年 :
■ 防水性能 :100m防水
■ サイズ :40 mm(リューズ除く)__ / メンズサイズ
■ ガラス :サファイヤクリスタル風防■ 仕様 :回転ベゼル / 3針
■ 付属品 :ロレックス純正箱付・国際保証書付■ 保証 :当店オリジナル保証3年間付
■ 備考 :2015年新作 18Kエバーローズゴールド製セラミック製ベゼル

116655は、この9ヶ月間で61万円ほどの値下がりとなっているわけですが、約86%という残価率を見ると、他のロレックスよりも値下がりしていないという状態であります。

2019年頃までの116655のキャラクターからすると、今回のように「上昇⇒下落」となった場合、その残価率はオーバーシーズ並(2月から現在までにかけて60%や70%台といった数値)となっていても不思議でないわけですが、そこまでの下落をしていない状態というのは個人的に意外だと思いました。

セレブが愛用する時計ブランド
gmtマスター2 買い取り 相場
オメガ
シャネル時計コピー
ゴールデンコンセプト 偽物
リシャール・ミルヨネックスレディス

ジャスティン・ビーバーが愛用する、若者に人気の高級時計ブランドランキング。
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
タグ